四日市看護医療大学ロゴマーク

大学案内About us

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

本学は、四日市市、市立四日市病院と暁学園との公私協力方式により設立された大学であり、設置母体である暁学園の綱領「人間たれ」を教育研究活動の根幹とし、豊かな人間性と高度な専門性を備えた看護師・保健師・助産師を育てることを建学の精神としています。

そのため、本学では社会人・医療人として望まれる豊かな人間性を培い、かつ高度で最先端の専門学芸を教授研究し、応用的能力を展開させること、さらには大学設立の趣旨や当地域の特性をふまえ、地域社会のあらゆる場における人々への支援を実践し、地域社会への積極的な貢献を教育研究の理念、目的としています。

したがって、本学では、特に地域貢献に高い関心を持つ入学者を受け入れること、また基礎的な知識及び技能に加え、豊かな人間性や明確な目的意識を持った入学者の受け入れを基本方針としています。

〇本学の求める学生像

  1. 高等学校までの基礎的な知識・技能を有する者
  2. 愛情をもって人と接し、自己の成長に努められる意欲がある者
  3. 物事を探求し、主体的に取り組む意欲がある者
  4. 何事に対しても自ら考え、判断し、表現する能力を有する者
  5. 看護の実践力を身につけ、地域社会に貢献できる意欲がある者

カリキュラム・ポリシー

  1. 大学の理念、学部の教育理念、教育目標、学年別到達目標と教育内容・科目群を一貫的に対応させたマトリクス型のカリキュラムである。
  2. 人の支援に関わる専門職の育成という視点から、教養教育を充実させるとともに、高い倫理性をもったヒューマンケアのできる看護実践力を育てるカリキュラムである。
  3. 設立の趣旨、大学の立地地域の特性をふまえ、産業看護の精神・知識・技術をもとに、あらゆる場における働く人々の健康支援を視野に入れたカリキュラムである。
  4. 人の発達と生活を軸にライフサイクル・ライフプロセスに沿って、人々の健康課題の解決に向けて看護実践できる能力を育成するカリキュラムである。
  5. 健康の概念として、社会・心理・医療モデルを取り入れたカリキュラムである。

ディプロマ・ポリシー

  1. 看護の専門性と責務を自覚するとともに、地域に住むあらゆる健康レベルの人々に専門的知識と技術に基づき看護を実践できる。
  2. 人間として自己の成長に努め、社会人として広い見識と高い倫理観を持ち、看護の対象となる人々に愛情豊かに共感をもって接することができる。
  3. 人間の健康を環境との関係において捉え、地域社会の生活者の視点から看護援助できる。
  4. 国際的視野で看護を考え、ヘルスケアシステムにおける看護の専門性を理解し、保健・医療・福祉の専門職と連携し、地域社会に貢献できる。
  5. 将来に向け看護を主体的に学び、看護の専門職としてのキャリアを伸ばせる能力を持つことができる。

▲Page Up