四日市看護医療大学ロゴマーク

大学案内About us

挨拶

四日市看護医療大学 学長 丸山 康人

本学は、高度な専門性と豊かで温かい人間性をもった保健師・助産師・看護師の育成をめざし、学校法人暁学園と四日市市、市立四日市病院との公私協力方式により、2007年4月に開学しました。また、看護医療分野でリーダーシップを担う高度専門職業人並びに高度な専門知識を備えた教育・研究者を養成することを目的に、2011年4月には大学院看護学研究科を開設しました。

看護・医療の分野では、生殖医療、臓器移植、再医療、そしてiPS細胞を用いた先進的治療がすすみ、難病やがん、生活習慣病の予防、治療と併せて健康の維持、増進についても新しい取り組みが次々と始められています。また、いわゆる医療崩壊が危惧されている現在、急激な少子・高齢化への新たな態勢づくりが必要となる中、先に述べた先進技術が広がる一方で、個人情報の保護や倫理的課題も浮上するなど、新たな課題や問題が山積しています。
このような変革の時代にあって、看護が果たす社会的な役割は以前にも増して大きなものとなっています。

本学の建学の精神である「人間たれ」は、「人を愛し、学問を愛し、美を愛する豊かな人間」の育成をめざすものです。常に相対する人間との関わりの上に成り立つ看護学の教育の根幹をなすものとも言えます。この精神を理解し、熱意をもって看護職を目指す方々のチャレンジを歓迎します。

四日市看護医療大学 学長 丸山 康人

四日市市長  森 智広 氏

2025年に団塊の世代が全て75歳以上となる超高齢社会を迎える中、医療や介護が必要な状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい生活を続けられる環境を整備していくことは喫緊の課題です。

本市では、多職種間の協働により在宅医療・介護を一体的に提供できる体制を構築するため、地域における医療・介護の関係機関の連携を進めております。

こうした中で、看護師にも高度医療への対応に加え、地域の関係機関との連携を視野に入れた多様な能力が求められております。 四日市看護医療大学におかれましては、本地域における看護師不足の解消とともに、時代のニーズに合った看護職の養成を通して、医療及び介護の総合的な人材の確保に大きな役割を担っていただくことを期待しております。

四日市市長 森 智広 氏

市立四日市病院 院長 一宮 惠 氏

三重県北勢地区で唯一、4年制看護系大学である四日市看護医療大学は、豊かな教養、倫理性、看護の専門性を学び、看護職の質の向上を目指す時代のニーズに応えた地元期待の大学であり、市立四日市病院は、専門医学の講義、実習に全面的に協力しています。

本院は、568床、名古屋大学を主体とした143名の医師と481名の看護師を中心として、24時間救急を行う救命救急センターを擁す、北勢地区最大の高機能の急性期病院です。
平成25年末、足掛け4年にわたる病棟の増築と既設改修工事を無事終え、全面供用を開始しています。器別センター化、周産期棟の充実など、さらに最先端の病院へと変わりました。
今後は、各分野での専門看護職が増えることが予想されます。専門性の高い本院での実習は、学生の皆様が将来の方向性を考えるのに役立つでしょう。

看護職は、本当に生きがい感のある仕事です。一生をかけても悔いのない仕事に就くために、四日市看護医療大学への入学をトライしてください。

市立四日市病院 院長 一宮 惠 氏

▲Page Up