四日市看護医療大学ロゴマーク

学部・大学院Academics

専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)コースについて

本学大学院は、「急性・重症患者看護」の分野において、日本看護系大学協議会より専門看護師教育課程として認定されています。

専門看護師は、ある特定分野において「卓越した看護実践能力」を有することを認定された看護職者であり、それぞれの専門看護分野において次のような役割を果たすことが期待されている。本看護学専攻修士課程(CNSコース)においては、看護ケアの質の向上と創造に貢献できる人材を育成する。

  1. 専門看護分野において、個人・家族または集団に対して卓越した看護を実践する(実践)。
  2. 専門看護分野において、看護職者に対しケアを向上させるため教育的機能を果たす(教育)。
  3. 専門看護分野において、看護職者を含むケア提供者に対してコンサルテーションを行う(相談)。
  4. 専門看護分野において、必要なケアが円滑に提供されるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う(調整)。
  5. 専門看護分野において、専門知識・技術の向上や開発を図るために実践の場における研究活動を行う(研究)。
  6. 専門看護分野において、倫理的な問題・葛藤について関係者間での倫理的調整を行う(倫理)。

(日本看護系大学協議会 専門看護師教育課程基準より抜粋)

急性・重症
患者看護
専攻分野
共通科目
人間存在に関する科目
危機理論に関する科目
クリティカル状況でのフィジカルアセスメントに関する科目
代謝病態生理学に関する科目
クリティカルケア治療管理に関する科目
専攻分野
専門科目
クリティカルケア看護援助に関する科目Ⅰ
クリティカルケア看護援助に関する科目Ⅱ
安楽・緩和ケアに関する科目
実習科目 クリティカルケア看護実習

【教育課程の基準】
教育課程の基準この課程を修了し、規定の年数の実務研修(通算5年以上。そのうち3年間以上は専門看護分野の実務研修。このうち6ヵ月以上は修士課程修了後の実務研修。)を積んだ方は、(社)日本看護協会で年1回実施する「専門看護師認定審査」を受けることができます。(詳しくは、(社)日本看護協会のホームページをご覧ください。)

教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)

本学の専門看護師教育課程は、平成29年度から厚生労働省による専門実践教育訓練給付金の対象となる講座に指定されました。

教育訓練給付制度とは・・・
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人が支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。
詳しくは、厚生労働省ホームページにてご確認ください。


専門実践教育訓練での「教育訓練給付金制度」とは?
働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し終了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。
支給を受けるための手続きはどうしたらいいでしょう?
支給手続きは受講開始日の1ヶ月前(2月末日)までにすませてください。書類の交付や提出などが必要となりますので、速やかにハローワークまでお問い合わせください。
支給額はどれくらいですか?
専門実践教育訓練の受講中は支払った経費の40%、年間32万円を上限とし2年間の上限額は64万円です。また専門実践教育訓練の修了後、資格取得をし、かつ修了した日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された場合は、支払った経費の60%が支払われます(上限額96万円)。

本学大学院で専門看護師(CNS)の資格を取得された修了生

三重県立総合医療センター 奥田 美香さん

奥田 美香さん
三重県立総合医療センター

インタビュー記事はこちら

鈴鹿中央総合病院 村瀬 美有紀さん

村瀬 美有紀さん
鈴鹿中央総合病院

インタビュー記事はこちら

▲Page Up