四日市看護医療大学ロゴマーク

キャンパスライフCampus life

履修について

学期・授業について

ハナミズキ写真

学期

学年は、4月1日から始まり、翌年3月31日で終わります。学年を前学期と後学期の2学期に分けています。各学期の期間は次の通りです。

前学期 4月1日~9月15日
後学期 9月16日~翌年3月31日

授業時間

時限 時間帯
1時限 8:40~10:10
2時限 10:20~11:50
3時限 12:40~14:10
4時限 14:20~15:50
5時限 16:00~17:30
6時限 18:00~19:30
7時限 19:40~21:10

休講

特別な事情等により臨時で全学が休講となる場合、また担当教員の事情により休講となる場合があります。
事前にわかっている休講は判明した時点で掲示しますが、事情により授業当日に掲示する場合がありますので、毎日授業が始まる前に必ず掲示板で休講情報を確認してください。

補講

授業の進度あるいは休講を補う授業として、補講を行う場合があります。
補講の日時等はすべて掲示により連絡します。掲示等に充分注意してください。

教室変更

時間割に掲載している教室から、履修者人数の増減や教室の設置機器の事情によって教室を変更する場合があります。
教室変更がある場合は、ただちに掲示等でお知らせします。

授業欠席

病気等で長期欠席する場合と公認欠席により欠席する場合には、教学課に必要書類を提出してください。
なお、公認欠席に関しては、『学生便覧』に掲載の「四日市看護医療大学学生の公認欠席に関する細則」を参照してください。

履修登録

履修登録とは、その年度に開講される科目のうち、受講を希望する科目を指定期日まで に申請し、承認を得ることをいいます。
履修しようとする授業科目については、指定された期日までに、全科目登録しなければ なりません。 履修登録の手順は『学生便覧』を参照してください。

履修制限(CAP制度)

1年間に履修できる卒業に必要な単位数の上限は48単位とします(平成26年度入学生から適用)。

試験・成績・進級、卒業について

試験について

(1)定期試験

学事日程に記載されている通り、定期試験は前学期・後学期の2回一定期間に行われます。
定期試験については、次の通り定められています。単位の修得にかかわる重要な事項なので、十分理解しておいてください。また、試験日程等詳細についての連絡は、全て掲示により通知しますので十分注意してください。

受験資格
試験を受験できる科目は、履修登録を行った科目に限ります。
ただし、下記に該当する者は、受験資格を失いますので注意してください。

  • 受験しようとする科目について、授業の2/3以上出席していない者
  • 授業料等未納者(当該期分が完納されていない者)
  • 学生証を忘れた者

試験の実施方法
原則として、試験期間内に各教科目90分の筆記試験を行います。
ただし、担当教員が試験の実施時期や方法などについて別に指定したときは、これに従ってください。
試験開始後30分を超えて遅刻したときは、受験できません。
また、試験開始後30分を経過するまでは、退室できません。
ただし、担当教員が別に時間を指定したときは、これに従ってください。

(2)追試験

病気・怪我等下記事由で定期試験を受験できなかった者を対象に行われます。
該当者は、指定期日に【追試験願】を教学課に提出してください。
手数料は1科目につき1,000円です。提出期間、試験日程等はすべて掲示により連絡します。

    【事由】
  1. 病気・怪我(医師の診断書添付)
  2. 忌引(「四日市看護医療大学学生の公認欠席に関する細則」の忌引に準ずる)
  3. 伝染病(学校保健法による出席停止に準ずる/医師の診断書添付)
  4. 交通機関のストライキ及び事故
  5. その他、大学が特別に認めた事由
(3)再試験

定期試験を受験した結果、成績が「不合格」の科目について実施します。
定期試験を受験しない「放棄」は対象外となりますので、定期試験は必ず受験してください。
再試験を希望する場合は、指定期日に「再試験願」を教学課へ提出してください。
手数料は1科目につき3,000円です。提出期間、試験日程等はすべて掲示により連絡します。

成績について

成績は、科目ごとに次のように評価されます。

判定 合格 不合格
評価 S A B C D
点数 100~90 89~80 79~70 69~60 59~0
GP 4.0 3.0 2.0 1.0 0.0
単位の認定 認定する 認定しない

合格した授業科目については、単位の取消、再履修、再受験はできません。

追試験・再試験の成績評価
追試験の成績評価は本試験と同じです。再試験の成績評価はCまたはDとします。

GPA制度

成績の評価に、それぞれGPをつけて全履修科目の平均を算出したものであり、学業成績を総合的に評価する指標となります。

GPA算出方法

進級・卒業について

看護学部看護学科

<平成23年以前の入学生適用>
進級判定
2年次終了時点に進級判定を行います。2年次において下記の条件を満たさない者は、3年次へ進級することができません。

  • 専門基礎科目の単位をすべて修得し、かつ、専門科目のうち、1~2年次に開講される必修科目(看護学概論、看護基礎援助論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ、成人看護学概論、老年看護学概論、小児看護学概論、母性看護学概論、地域看護学概論、産業看護学Ⅰ・Ⅱ、地域看護学実習Ⅰ、学校看護学、精神看護学概論)の単位をすべて修得していること。

卒業要件
本学の卒業に必要な取得単位数は128単位以上とし、内容は以下のとおりです。

区分 科目数・単位数 卒業要件
基礎科目 人間文化 5科目 10単位 必修:12単位
選択:8単位以上
人間社会 8科目 16単位
語学 3科目 6単位
科学的思考 7科目 14単位
基礎セミナー 2科目 4単位
専門基礎科目 社会保健科学 3科目 6単位 必修:6単位
健康科学 10科目 20単位 必修:20単位
専門科目 基礎領域 7科目 13単位 必修:13単位
生涯領域 19科目 34単位 必修:34単位
広域領域 16科目 25単位 必修:25単位
展開領域 15科目 18単位 必修:8単位
選択:2単位以上
95科目 166単位 128単位以上

<平成24年以降の入学生適用>
進級判定
2年次終了時点に進級判定を行います。2年次において下記の条件を満たさない者は、3年次へ進級することができません。

  • 看護学に関する以下の科目25科目35単位及び健康科学・保健社会学に関する以下の科目15科目23単位をすべて修得していること。但し、健康科学・保健社会学に関する科目の未修得科目が2科目以内の場合には、仮進級として第3年次への進級を認めることができる。

看護学に関する科目:看護学概論、看護技術概論、ヘルスアセスメント、人間発達学、成人看護学概論、看護技術論Ⅰ、地域看護学概論、看護技術論Ⅱ、看護過程論、家族看護学、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、コミュニティケア実習、成人慢性期援助論Ⅰ、老年看護学概論、小児看護学概論、母性看護学概論、精神看護学概論、成人急性期援助論Ⅰ、成人慢性期援助論Ⅱ、老年看護援助論Ⅰ、小児看護援助論Ⅰ、母性看護援助論Ⅰ、精神看護援助論Ⅰ、産業看護学概論

健康科学・保健社会学に関する科目:健康科学概論、基礎病態学、人体のしくみと働き、内部環境の調整、健康と生活行動の科学、健康社会要因論、保健医療統計学、診断・治療学概論、治療学Ⅰ、治療学Ⅱ、治療学Ⅲ、治療学Ⅳ、公衆衛生学、ヘルスケアシステム論、保健医療福祉行政論

卒業要件
本学の卒業に必要な取得単位数は126単位以上とし、内容は以下のとおりです。
必修科目:109単位 選択科目:17単位以上 合計126単位以上

大学院看護学研究科

修了要件(平成24年度以前の入学生適用)
修士論文コースは共通科目から必修単位6単位を含め16単位以上、専門科目の中から8単位以上、特別研究6単位を取得し、30単位以上修得すること。
専門看護師(CNS)コースは、共通科目から必修科目6単位を含め10単位以上、専門領域の中から18単位、課題研究2単位を修得し、30単位以上修得すること。

区分 科目数・単位数 修了要件
修士論文コース 専門看護師(CNS)コース
共通科目 13科目 22単位 必修6単位を含め
16単位以上
必修6単位を含め
10単位以上
専門
科目
産業看護学領域 8科目 16単位 専門領域の中から
8単位以上
専門領域の中から
18単位
実践看護学領域 25科目 62単位
基礎看護学領域 4科目 8単位
課題研究 1科目 2単位 2単位
特別研究 1科目 6単位 6単位
52科目 116単位 30単位以上

修了要件(平成25年度以降の入学生適用)
修士論文コースは共通科目から必修単位6単位を含め12単位以上、専門科目の中から8単位以上、特別研究8単位を取得し、合計30単位以上修得すること。
専門看護師(CNS)コースは、共通科目から必修科目6単位を含め10単位以上、専門領域の中から18単位、課題研究2単位を修得し、合計30単位以上修得すること。

区分 科目数・単位数 修了要件
修士論文コース 専門看護師(CNS)コース
共通科目 13科目 22単位 必修6単位を含め
12単位以上
必修6単位を含め
10単位以上
専門
科目
産業看護学領域 8科目 16単位 専門領域の中から
8単位以上
専門領域の中から
18単位
実践看護学領域 25科目 62単位
基礎看護学領域 4科目 8単位
課題研究 1科目 2単位 2単位
特別研究 1科目 8単位 8単位
52科目 118単位 30単位以上

伝達・掲示、緊急時における授業・試験の取扱いについて

「掲示」には常に注意
学生への必要連絡事項は、すべて掲示板に掲示し連絡します。
掲示は連絡事項伝達の唯一の手段です。登校時、下校時また機会あるごとに必ず掲示板を見る習慣をつけてください。
一度掲示された事項は、すべて周知されたものとして扱います。
掲示を見なかったために知らなかったという理由で異議を申し立てることは一切できません。
重要事項を見落とすと卒業が困難になることも生じえますので十分注意してください。
またプライバシーに配慮して個人への連絡はメールを利用しますので、メールのチェックも毎日必ず行ってください。

電話による問い合わせ
休講、試験、学事予定等、「掲示してある情報」についての電話による問い合わせには一切応じません。
また、学外から学生個人に対する私用電話の呼出し依頼や照会は緊急連絡の場合を除き、一切取り次ぎません。

暴風警報時及び交通機関ストライキ時等の措置について

三重県北・中部の暴風警報発令に伴う休講及び試験延期の取扱いについて
  1. 授業の場合
    • 暴風警報が午前6時迄に解除されたときは、平常どおり授業(臨地実習を含む)を行う。
    • 暴風警報が午前6時を過ぎても解除されないときは、1,2時限の授業を休講とする(臨地実習は休講とする)。
    • 暴風警報が午前10時迄に解除されたときは、午後の授業を行う。
    • 暴風警報が午前10時を過ぎても解除されないときは、3,4,5時限の授業を休講とする。
    • 暴風警報が午後3時迄に解除されたときは、6,7時限の授業を行う。
    • 暴風警報が午後3時を過ぎても解除されないときは、6,7時限の授業を休講とする。
    • 暴風警報が授業開始後に発令されたときは、原則としてその時限の授業は行い、次の時限以後を休講とする。ただし、状況によって暴風警報発令と同時に授業を中断し以後の授業を休講とする。
    • 暴風警報の発令、解除に関わらず状況によって授業を休講とすることがある。
  2. 試験の場合
    • 暴風警報が午前6時迄に解除されたときは、平常どおり試験を行う。
    • 暴風警報が午前6時を過ぎても解除されないとき、及び午前6時以後試験開始時刻迄に発令されたときは、試験を延期する。
    • 暴風警報が試験開始後に発令されたときは、原則としてその時限の試験は平常どおり行い、次の時限以後の試験は延期する。
  3. 暴風警報が学生の居住地域や通学経路などに発令された場合
    暴風警報が学生の居住地域や通学経路などに発令されたために登学を見合わせたり、登学が不可能になったことによる授業又は試験の欠席はその旨の届出があった場合、学生の公認欠席に関する細則第2条第3号により取り扱う。
  4. 暴風雪警報、大雪警報発令の場合は、暴風警報の発令に準ずる。
  5. 大雨警報、洪水警報、地震警戒宣言及びその他の警報が発令された場合は、その状況に応じて措置する。
  6. 災害又は事故により交通が途絶又は渋滞した場合は、その状況に応じて措置する。
交通機関のストライキに伴う休講及び試験延期の取扱いについて
  1. 授業の場合
    • 三岐鉄道・近畿日本鉄道のストライキによる運転休止が午前6時迄に解除されたときは、平常どおり授業を行い、午後3時迄に解除したときは、6,7時限の授業を行う。
    • 三岐鉄道・近畿日本鉄道以外の交通機関がストライキで運転休止であっても原則として平常どおり授業を行うが、そのために授業に出席できなかった場合は、学生の公認欠席に関する細則第2条第3号により取り扱う。
  2. 試験の場合
    • 三岐鉄道・近畿日本鉄道のストライキによる運転休止が午前6時迄に解除されたときは、平常どおり試験を行い、午前10時迄に解除されたときは、午後の試験を行い、午後3時迄に解除されたときは、6,7時限の試験を行う。
    • 三岐鉄道・近畿日本鉄道以外の交通機関がストライキで運転休止であっても原則として平常どおり試験を行うが、そのために試験に出席できなかった場合は、学生の公認欠席に関する細則第2条第3号により取り扱う。

▲Page Up