四日市看護医療大学ロゴマーク

大学案内About us

学校法人暁学園について

    「暁学園」は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学を擁し、人間性を重視した特色ある教育を実践する総合学園です。戦後間もない1946(昭和21)年に創立以来、学園綱領「人間たれ」に基づき、心豊かな人間の育成に取り組んでいます。

学園の概要

沿革

創設者初代理事長

第2次世界大戦が終結して間もない頃、世相の混乱と思想の混迷の中から、平田漁網製造(後の平田紡績)株式会社の宗村佐信社長が、当時の四日市市長吉田勝太郎氏等と相諮り、「文化国家の建設は次代を担う国民の教育の振興にあり」との信念の下に、1946(昭和21)年3月財団法人暁学園(初代理事長に宗村佐信就任)を創立し、校舎は天ヵ須賀の平田漁網の寄宿舎を改造してこれに当て、同年5月暁幼稚園を開園、6月暁女子専門学校(後の暁学園短期大学)を開校しました。これが本学園の創まりであり、三重県下で初めての私立女子専門学校が誕生したのです。

この学園創設は極めて大きな期待をもって迎えられ、学園も順調な発展の緒についたのですが、義務教育等の学校についても、本学園に対して設立の要望が盛り上がり、学園としてもその教育理念達成のために、1948(昭和23)年に暁中学校と暁小学校を設立しました。次いで翌年には暁高等学校(全日制・定時制)を設立し、ここに総合学園としての基盤が整い、その意図する一貫教育の実を挙げるに至ったのであります。1950(昭和25)年には学園綱領「人間たれ」が制定されました。これは苦しい戦後復興の途上におけるまさに画期的な偉業であり、創設者の卓見・教育愛・奉仕的精神は高く評価されるべきものでした。

その後、各校の充実発展に伴い、校舎及び諸施設の拡充のため、1963(昭和38)年には小学校が近鉄富州原駅西の蒔田に、2年後には学園本部・短期大学・高等学校・中学校が萱生町の萱生城址に新校舎を建設して移転し、組織変更等幾多の変遷を経て現在に及んでいます。また、1988(昭和63)年には第3代理事長 宗村南男のもと、四日市市との公私協力型方式の四年制大学として四日市大学を、2007(平成19)年には四日市看護医療大学を学園本部の近接地に設立し、これにより幼稚園から大学(大学院)まで揃った県下唯一の総合学園が完成しました。

学園のあゆみ

各校サイト

▲Page Up