四日市看護医療大学ロゴマーク

学部・大学院Academics

2020年4月臨床検査学科(仮称・構想中)開設

臨床検査学科

四日市看護医療大学は、2007年4月に看護学部看護学科の単科として開学しましたが、開学時より構想していた「四日市看護医療大学」としての教育・研究体制を整えるため、看護学科に加え、新たな医療技術系の学科として、2020年4月に「臨床検査学科(仮称)」の開設を構想中です。
「臨床検査学科(仮称・構想中)」では、4年制大学における幅広い学びを通して、医療に必要な専門知識のみならず、優れたヒューマンケア能力を持つ臨床検査技師を養成していまいります。
中部地方の4年制大学としては初めて、文部科学省へ臨床検査技師養成所の指定申請を計画しており、国が定める指定規則に則った専門性の高い教育を行う予定です。さらに、中部地方初となる「細胞検査士」養成コース(選抜制)を設ける予定で、臨床検査技師と細胞検査士のダブルライセンス取得も可能となります。
また、看護学科と連携し、チーム医療の一員として高いコミュニケーション能力と幅広い知識・技術を兼ね備えた臨床検査技師を養成します。
四日市看護医療大学は、これまでの保健師・助産師・看護師養成に加え、臨床検査技師の育成を通じて、地域社会へのさらなる貢献を図りたいと考えています。
※「臨床検査学科(仮称・構想中)」開設にともない、本学は1学部2学科体制となり、看護学部を「看護医療学部(仮称)」に名称変更する予定です。

臨床検査技師とは

臨床検査学科(仮称)について

臨床検査技師の仕事

  • 大きく分けて2つの検査
    病院の検査センターなどで、病気の診断や治療の効果を知るために、様々な検査をする仕事です。患者の血液や尿などから細菌やウイルスを調べ、病気の原因を探り出したり、組織片などを取り出して細胞の標本作りを行ったりする「検体検査」と心電図や脳波など患者の身体の表面や内部の器官からデータを採る「生理機能検査(生体検査)」です。

検査


臨床検査技師の活躍の場

  • 広い活躍の場
    高齢化社会を迎えた今、医療の需要はますます高まっています。臨床検査技師が活躍する場は病院だけでなく、病気の予防・早期発見の観点から健康診断や人間ドックなどを行う健診センター、検査センター、医療機器メーカーと多岐にわたっています。

  • チーム医療の中での重要な役割
    チーム医療とは、一人の患者に複数のメディカルスタッフ(医療専門職)が連携して、治療やケアに当たることです。厚生労働省は2010年以降、チーム医療の推進を必須とし具体的な方策を打ち出しています。本学では、チーム医療を推進できる人材を育成するため①コミュニケーション、②情報の共有化、③チームマネジメントの3つを重視した教育を行います。

チーム医療


チーム医療イメージ図
臨床検査技師になるためには

  • 臨床検査技師になるためには、臨床検査技師国家試験に合格しなければなりません。受験資格は大学の医療系などの学部や3年制の短大の臨床検査学科など、あるいは専門学校の養成課程、都道府県知事指定の養成所を卒業すると得ることができます。また、獣医学系・薬学系学部で必要な科目を履修して卒業した場合などにも受験資格が得られます。

  • 臨床検査しになるために


  • さらに、臨床検査技師の上位の専門職である「細胞検査士※」になるための受験資格も取得可能(認定申請予定)です。
  • 細胞検査士とは※
  • 細胞検査士(スクリーナー)は従来の仕事からさらに専門化した職種として、がん細胞の発見を専門とし、がんの早期発見に貢献しています。

    「がん細胞」をいち早く見つけ出し、退治するために毎日多くの時間顕微鏡で「がん細胞」を見ている細胞の番人が細胞検査士です。がんは細胞の病気なので細胞の核にあるDNAを取り出し、これを検査するために沢山コピーして増やしてDNAに異常があるかどうか調べる方法が現在研究されています。より早期のがんの発見に役立つものと期待されています。
     この職業は世界中で行われている仕事で、日本では約6000人が、学会認定の細胞検査士免許を持っています。日本国内における正式な細胞検査士(略称CT JSC)資格を得るには、臨床検査技師の国家試験に合格し、病院または登録衛生検査所などでの細胞診業務を1年以上経験するか、細胞検査士を養成する大学の研修コースまたは特定指定施設で研修修了の後、日本臨床細胞学会の実施する認定試験に合格することが必要です。(臨床検査技師の上位資格であり、民間資格ではありますが、臨床検査分野においては評価の高い資格といえます。)
     細胞検査士養成コースの認定を受けている大学は平成30年現在、全国に9校しかなく、本学は2020年4月の設置によって 東海・北陸・甲信越地方での初の認定校を目指しています。

▲Page Up