四日市看護医療大学ロゴマーク

学部・大学院Academics

教員紹介(看護学科) 職位別五十音順

学長

氏名
丸山 康人 研究業績
フリガナ
マルヤマ ヤスヒト
職位
学長
専門領域
基礎科目(地方自治論・地域政策論)
研究テーマ
地方制度改革・広域行政・地域政策・まちづくり
ひとこと
学生の皆さんとともに地域を考えましょう。
著書
自治・分権と市町村合併 編著 イマジン出版 平成13年11月
ローカル・マニフェスト~政治への信頼回復をめざして~ 共著 イマジン出版 平成15年3月
概説 現代日本の政治と地方自治 共著 学術図書出版 平成17年10月
所属学会
日本行政学会、日本地方自治学会等
学会活動・社会活動
四日市市都市計画審議会会長・委員
四日市市建築審査会会長・委員
桑名市行革会長・委員
尾鷲市情報公開審査会委員
熊野市個人情報審査会会長・委員
いなべ市都市計画審議会会長・委員
菰野町都市計画審議会会長・委員

教授

氏名
柿原 加代子 研究業績
フリガナ
カキハラ カヨコ
職位
教授
専門領域
基礎看護学
研究テーマ
看護技術教育、がん患者の心理過程、病院に勤務する看護師への研究支援プログラムの開発
ひとこと
座右の銘は、「物事を研究する秘訣は、相棒を見つけることだ。相棒は人間でも書物でもよい。自分が真剣になりさえすれば必ず見つかる」 看護の変遷と現状を知り未来の看護について真剣に追求する中で、あなたが目指したい看護を見つけてみましょう!
著書
[論文]
・柿原加代子、草野純子、市川恭子: 肺癌患者の闘病記における告知後の病期別心理過程-Holland「がん患者の危機に対する正常な反応」モデルを用いて-、 国際情報研究Vol.12国際情報研究12(1)、36-43、2015.02.
・草野純子、柿原加代子: パフォーマンス評価の考えを導入したフィジカルアセスメント授業取組の検討、国際情報研究Vol.12国際情報研究、12(1)、44-56、2015.02.
・平山恵美子、柿原加代子:医療処置を必要とする患者・家族への在宅療養に向けての退院支援―病棟看護師に求められる支援―、日本国際情報学会誌「国際情報研究」13(1):72-79、2016.12.
・柿原加代子、平山恵美子、宮田智子: 闘病記における乳がん患者の告知後の心理過程-Holland「がん患者の危機に対する正常な反応」モデルを用いて- 日本国際情報学会誌「国際情報研究」13(1)、86-93、2016.12.
・大野晶子、柿原加代子、東野督子他:中小規模病院に継続勤務する看護師のキャリアアップに関する認識、日本看護医療学会雑誌、18(1):11-21、2016.06.
・東野督子、石黒千映子、大野晶子、水谷聖子、柿原加代子他:中小規模病院に勤務する看護師への研究支援プログラムの開発―大学と病院との連携―、日本医学、67(2):309-314、2016.09.
所属学会
日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護教育学会、日本看護医療学会、 日本国際情報学会
学会活動・社会活動
日本看護学研究学会東海地方会 世話人、会計
愛知県看護協会 看護研究助成委員
日本赤十字看護学会評議員
第13回 日本看護医療学会学術集会実行委員
第13回 日本看護医療学会学術集会実行委員、学会抄録査読委員、シンポジウム座長
氏名
杉崎 一美 研究業績
フリガナ
スギサキ ヒトミ
職位
教授
専門領域
成人看護学・急性期
研究テーマ
クリティカルケア・周手術期看護に関する研究
成人看護学教育とクリティカルシンキングに関する研究
皮膚と免疫学的メカニズムに関する研究
ひとこと
深刻な病気や事故で入院・手術をされた人が、笑顔で退院していく姿をみると「看護師に なってよかったなあ!」と思います。また、学生たちと一緒に学ぶ幸せも感じています。
著書
Blood Coagulation, Fibrinolysis, and Platelets (Springer-Verlag Tokyo) メディカコンクール 看護師国家試験解説集(メディカ出版)
所属学会
日本看護科学学会 日本看護研究学会 他
氏名
Daniel T.Kirk 研究業績
フリガナ
ダニエル カーク
職位
教授・図書館長
専門領域
基礎科目(英語コミュニケーション)
研究テーマ
外国語教育、日本学
ひとこと
I’m an English teacher, and I really enjoy my career. It gives me an opportunity to work with young people to empower them with a foreign language.
著書
Does your English Teacher Use Japanese in the Classroom? 平成14年3月
Motivation Revisited: What can we do? 平成15年1月
Raising Multilingual Children and Adults 平成17年1月
Japanese Identity and Language: The marginalization of minority populations in Japan 平成18年3月
Assessing Japan’s Media: How do they contribute, and is it positive or negative 平成18年3月
所属学会
Japan Association of Language Teaching (JALT), Teachers of English to Speakers of Other Languages (TESOL)
学会活動・社会活動
ボーイスカウト日本連盟スカウト、四日市15団、ボーイ隊長
氏名
豊田 妙子 研究業績
フリガナ
トヨダ タエコ
職位
教授・学科長
専門領域
成人看護学
研究テーマ
ケア提供者の環境に関すること
ひとこと
「ケアすること」「ケアされること」共に考えていきましょう
所属学会
日本看護研究学会、日本看護学教育学学会、日本看護科学学会、日本看護管理学会
学会活動・社会活動
三重県鈴亀地域医療構想調整会議委員
三重県認知症施策推進会議委員
三重県医療審議会救急医療部会専門委員
三重県看護協会副会長
氏名
二村 良子  研究業績
フリガナ
ニムラ リョウコ
職位
教授
専門領域
母性看護学・助産学
研究テーマ
助産師の実践能力向上に関する研究
OSCE(客観的臨床能力試験)を用いた母性看護学技術修得の評価に関する研究
看護職の遺伝看護に必要な学習プログラムに関する研究
ひとこと
母性看護学の学習を通して看護の役割、看護とは何かを一緒に考えていきましょう。
学ぶことの面白さ、看護の楽しさを実感できるように、日々の学習を積み重ねていってください。
著書
・直前 母性看護学実習プレブック 看護過程の思考プロセス 医歯薬出版 共著
・ウィメンズヘルスナーシング概論 女性の健康と看護 ヌーヴェルヒロカワ 共著
・ナーシングポケットマニュアル 母性看護  医歯薬出版 共著
・日本のOSCEの現状 篠原出版 共著
・職種別連携事例 看護の視点からみた地域医療連携のモデル化に向けて じほう 共著
所属学会
日本母性衛生学会、日本助産学会、日本看護科学学会、日本遺伝看護学会、 日本生殖看護学会、日本母性看護学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本公衆衛生学会、日本看護研究学会
学会活動・社会活動
平成18年~現在 日本遺伝看護学会編集委員・査読委員
平成15年~平成23年 日本母性看護学会幹事
平成21~22年 第12回日本母性看護学会学術集会企画委員
平成25年9月 「みえアカデミックセミナー2013移動講座(松阪市)」「眠りと健康-いきいき生活のためのよりよい眠り」講師
平成28年9月 「みえアカデミックセミナー2016移動講座(大台町)」「よりよい眠りのために-毎日の生活と眠りの工夫」講師
平成27、28、29年出前講座を各地域で実施
氏名
萩 典子 研究業績
フリガナ
ハギ ノリコ
職位
教授・研究科長
専門領域
精神看護学
研究テーマ
思春期の対象に対する行動変容、コミュニケーション
ひとこと
「こころ」の健康を維持、増進、回復させるための援助について一緒に学んでいきませんか。
著書
「カウンセリング論」慧文社 共著
「実践に生かす看護コミュニケーション」学研 共著
「精神看護学」日本放射線技師会出版会 共著
所属学会
日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本思春期学会、日本公衆衛生学会、日本統合医療学会
氏名
藤本 和弘  研究業績
フリガナ
フジモト カズヒロ
職位
特任教授
専門領域
基礎科目(地方自治・基礎セミナー)
研究テーマ
看護における観光効果について
ひとこと
地域再生を目指す都市政策、地域政策が求められているが、観光振興による交流人口の増加策もその一つである。観光効果には地域経済の活性化のみならず、観光する人の精神衛生上の効果も大いに期待できる。看護の観点からその解明を試みる。特に長期滞在観光における看護効果を見出したい。
著書
ランドスケープ遺産百選 中部編Ⅰ ~人のつくった風景から 共著
所属学会
日本造園学会
学会活動・社会活動
中部ランドスケープ遺産編集委員
三重県造園研究会事務局長
三重中部産業調査株式会社代表取締役
氏名
水野 正延  研究業績
フリガナ
ミズノ マサノブ
職位
教授・副学長
専門領域
精神看護
研究テーマ
精神障がい者の一般就労支援システムの構築、病院で働く看護師のストレス反応の予防に関する研究
ひとこと
看護は奥深いです。 真剣に看護学を学び、専門職として社会で活躍してください。
著書
ヘンダーソン,ゴードンの考えに基づく看護過程の展開 -改訂版- 平成13年1月 (廣川書店)
看護師国家試験対策合格ライン突破問題集 平成14年9月 (日総研出版)
クリニカルステディ国家試験対策特集-精神看護学- 平成19年3月 (メヂカルフレンド社)
地域包括ケアシステムのすすめ 平成28年4月 (ミネルヴァ書房)
所属学会
日本看護科学学会  日本看護研究学会  日本精神科看護技術協会  日本コミュニティ心理学会
学会活動・社会活動
平成22年7月 みえアカデミックセミナー2010(津市)
平成23年11月 みえアカデミックセミナー2011・いなべ市民大学連続講座(いなべ市)
平成22年4月~平成23年3月 東紀州地域の自殺に関する住民意識調査(三重県委嘱事業)
平成24年2月 平成23年度大台町家族介護教室①
平成24年2月 平成23年度大台町家族介護教室②
平成28年2月 関市民研修会(健康に生きよう)
平成28年6月 中部学院大学市民講座
氏名
吉田 和枝  研究業績
フリガナ
ヨシダ カズエ
職位
教授
専門領域
成人看護学
研究テーマ
オストミー看護、がん看護、多職種連携に関する研究
ひとこと
看護は、「見る、診る、観る、看る、視る」です。一緒に考えて行きましょう。
著書
・Framework for Action on interprofessional Education & Collaborative Practice
(専門職連携教育及び連携医療のための行動の枠組み)、WHO原文翻訳 P53-57 (共著)平成26年
・家族看護学 成人期の家族看護 ピラールプレス (共著)P153-160 平成29年
・周術期看護学 メヂカルフレンド社 (共著)P50-53,62 平成29年
・がん看護学 臨床に活かすがん看護の基礎と実践 ヌーベルヒロカワ (共著)P340-343 平成30年
所属学会
日本看護学科学学会、日本看護研究学会、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会、日本看護医療学会
学会活動・社会活動
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 評議員

准教授

氏名
伊藤 薫 研究業績
フリガナ
イトウ カオル
職位
准教授
専門領域
地域看護学
研究テーマ
地域保健活動に関すること
ケアする人へのケアに関すること
ひとこと
ケアという関わりを通じて、ケアする人もケアされる人も互いに幸福になれるような支援活動をしていきたいと考えます。
所属学会
日本公衆衛生学会、三重県公衆衛生学会、日本認知症ケア学会、高齢者虐待防止学会
氏名
大西 信行 研究業績
フリガナ
オオニシ ノブユキ
職位
准教授
専門領域
精神看護学
研究テーマ
精神障害児・者の看護に関する研究
ひとこと
ひとりひとりの心により添える看護を目指していきましょう。
著書
精神保健看護辞典 オーム社 共著
働く人のメンタルヘルス不調の予防と早期支援 金子書房 共著
精神保健看護学 オーム社 共著
所属学会
日本精神保健看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本思春期学会、 日本精神科看護技術協会
氏名
草野 純子  研究業績
フリガナ
クサノ ジュンコ
職位
准教授
専門領域
基礎看護学
研究テーマ
  • 情報学、ケアリング、スピリチュアルケア、教育学、看護哲学、技術教育、食育、防災
ひとこと
日々の事柄の中で、感じたり、発見をしたり、対象とともに成長していく楽しさや学ぶ楽しさを味わいながら一緒に成長していきましょう。
所属学会
日本看護学教育学会、日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本国際情報学会、日本生命倫理学会、日本哲学会、日本看護放射線学会
学会活動・社会活動
・市民公開講座〔講義・講習)
・「病院体験を語る患者と家族の会」開催
・日本国際情報学会 2017年度 大会、総会 実行委員長および第1会場 座長
氏名
工藤 安史 研究業績
フリガナ
クドウ ヤスシ
職位
准教授
専門領域
公衆衛生学
研究テーマ
  • 看護マネジメントに関すること
  • 産業保健活動の円滑化に関すること
  • 医療専門職者の教育に関すること
ひとこと
前進あるのみ
著書
翻訳「失業・ストレス・健康」p.1134-1139「ワークライフバランス」p.2803-2805 ストレス百科事典 丸善出版
学会活動・社会活動
  • 日本総合健診医学会会員(平成20年1月 優秀論文賞受賞)
  • 日本公衆衛生学会会員(日本公衆衛生学会認定専門家)
  • 日本産業衛生学会 会員
氏名
後藤 由紀 研究業績
フリガナ
ゴトウ ユキ
職位
准教授
専門領域
産業看護学
研究テーマ
産業看護学、産業看護活動、産業看護教育
ひとこと
一緒に産業看護学について探求しませんか?
氏名
平良 美栄子 研究業績
フリガナ
タイラ ミエコ
職位
准教授
専門領域
基礎看護学
研究テーマ
看護教育、看護技術、がん看護
ひとこと
これから看護職を目指す皆さんと共に、社会ではどのような看護職が必要とされるのか、自分自身はどのような看護を実践できる看護職を目指したいのか、それぞれの考えを話し分かち合いながら、学んでいきたいものですね。
著書
1.「看護に役立つ疾患・症候事典」、平成20年、メヂカルフレンド社、p.126- 127.
2.フィジカルアセスメントの技術と実践 触診 浮腫、コミュニティーケア、8 巻、12号、平成18年、日本看護協会出版会、p.126-127.
3.フィジカルアセスメントの技術と実践 触診 音声伝導、コミュニティーケア、 8巻、12号、平成18年、日本看護協会出版会、p.128-129.
4.フィジカルアセスメントの技術と実践 触診 脈、コミュニティーケア、8巻、 12号、平成18年、日本看護協会出版会、p.130-131.
5.フィジカルアセスメントの技術と実践 触診 皮膚知覚、コミュニティーケア、 8巻、12号、平成18年、日本看護協会出版会、p.132-133.
6.ナーシング ケースマネジメントとクリティカルパス⑪ 浦添総合病院のクリテ ィカルパスへの取り組み、平成13年、産労総合研究所 婦長主任 新事情、p.54 -58.
所属学会
日本看護科学学会、日本がん看護学会、日本協同教育学会
氏名
日比 千恵 研究業績
フリガナ
ヒビ チエ
職位
准教授
専門領域
母性看護学
研究テーマ
DV(ドメスティックバイオレンス)被害者支援に関する研究
ひとこと
性暴力被害にあった人に知アする看護職の役割について考えたいと思っています。
所属学会
日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本助産学会、日本母性衛生学会
氏名
別所 史子 研究業績
フリガナ
ベッショ フミコ
職位
准教授
専門領域
小児看護学
研究テーマ
重症心身障害児・者とその家族のレスパイトケアに関する研究
慢性疾患をもちながら生活する子どもと家族への支援に関する研究
ひとこと
人を思いやる気持ち、敬う気持ちを大切にしてください。
所属学会
日本小児保健協会、日本小児看護学会、日本看護科学学会
氏名
三好 陽子 研究業績
フリガナ
ミヨシ ヨウコ
職位
准教授
専門領域
老年看護学
研究テーマ
高齢者のライフスタイル
脳血管障害を有する高齢者の生活再構築について
ひとこと
よりよい高齢者への看護を一緒に考えていきましょう
所属学会
日本老年看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護医療学会

講師

氏名
小寺 直美 研究業績
フリガナ
コテラ ナオミ
職位
講師
専門領域
成人看護学
研究テーマ
災害看護ボランティア教育に関すること
循環器疾患患者のQOLに関すること
ひとこと
共(友)に学び、共に育っていきましょう。
著書
脳卒中看護実践マニュアル(メディカ出版、2009)共著
所属学会
日本災害看護学会、日本集団災害医学会、日本心血管インターベンション治療学会
日本クリティカルケア看護学会、日本看護教育学会、日本看護研究学会
学会活動・社会活動
「四日市東日本大震災支援の会」副代表
氏名
高田 真澄  研究業績
フリガナ
タカダ マスミ
職位
講師
専門領域
地域看護学
研究テーマ
  • ソーシャルキャピタルに関する研究
  • VRを用いた眼疲労等の軽減に関する研究
ひとこと
地域の人々が安心して生活できるよう、健康支援について一緒に考えましょう。
著書
みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度2017 TECOM 共著
Virtual and Mixed Reality-New Trends   Springer-Verlag Berlin Heidelberg 共著
Advances in Computational Biology   Spirnger 共著
所属学会
日本衛生学会、日本公衆衛生学会、東海公衆衛生学会、日本ヒューマンヘルスケア学会
氏名
多次 淳一郎  研究業績
フリガナ
タジ ジュンイチロウ
職位
講師
専門領域
地域看護学
研究テーマ
  • 自ら援助を求められない高齢者の把握と支援に関する研究
  • 認知症家族介護者のピアサポートに関する研究
ひとこと
看護の立場から、病気や障害があっても暮らしやすい地域づくりを皆さんと一緒に学び、考えたいと思います。
学会活動・社会活動
日本公衆衛生学会、日本地域看護学会、日本公衆衛生看護学会、日本地域福祉学会、東海公衆衛生学会、三重県公衆衛生学会 他
氏名
春名 誠美 研究業績
フリガナ
ハルナ シゲミ
職位
講師
専門領域
在宅看護学
研究テーマ
在宅看護における家族介護者、訪問看護に関する研究
ひとこと
ともに看護学を学び深めていきましょう。
氏名
藤井 夕香 研究業績
フリガナ
フジイ ユカ
職位
講師
専門領域
成人看護学
研究テーマ
慢性疾患を持つ成人が、次のライフステージを豊かなものとするために行うべきセルフケア獲得への支援
ひとこと
患者さんから学ぶ姿勢を大切にしたいと思っています。
著書
糖尿病フットケア完全マスター 2009年 メディカ出版 共著
所属学会
日本看護科学学会、日本糖尿病教育・看護学会
学会活動・社会活動
日本糖尿病協会三重支部主催「糖尿病療養指導士育成のための講習会」カリキュラム委員
社団法人三重県看護協会主催「糖尿病重症化予防研修」の企画運営および講義・演習を三重県内の糖尿病看護認定看護師と共に行っている。
氏名
藤田 佳子 研究業績
フリガナ
フジタ ヨシコ
職位
講師
専門領域
基礎看護学
研究テーマ
マッサージによる症状緩和効果の検証
看護師の死生観に関する研究
ひとこと
患者さんのためのケアについて、一緒に考えていきましょう。
著書
平成24年度 看護師国家試験一問一答式ワークブック (2011、TAC出版)共著
看護学Core Note(2007、医学芸術社)共著
所属学会
日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本看護技術学会、日本健康心理学会、日本がん看護学会 、日本老年行動科学会、日本赤十字看護学会
学会活動・社会活動
三重県立看護大学主催「認知症ケア看護師養成研修」「癒しのハンドマッサージ」講師
松阪市学校保健会パソコングループ「癒しのハンドマッサージ」講師
鳥羽市神島小中学校「癒しのハンドマッサージ」講師
氏名
増田 由美 研究業績
フリガナ
マスダ ユミ
職位
講師
専門領域
小児看護学
研究テーマ
障がい児入所施設における母親の思い
在宅医療ケアを行う子どもをもつ家族の防災意識
ひとこと
子どもたちをとりまく厳しい社会の中で、がんばるお母さんと子どもの支援を一緒に考えませんか?
所属学会
日本救急看護学会
氏名
松田 陽子 研究業績
フリガナ
マツダ ヨウコ
職位
講師
専門領域
精神看護学
研究テーマ
・精神障がい者のご家族への支援に関する研究
・辛い体験からの心理的成長に関する研究
ひとこと
人々が、精神的にも身体的にも社会的にも健康で過ごせるためにはどうしたらいいのか、精神保健看護の分野から一緒に考えて行きましょう。
所属学会
日本看護科学学会、日本公衆衛生学会、日本精神障害者リハビリテーション学会、日本精神保健看護学会
学会活動・社会活動
日本精神保健看護学会第29回学術集会実行委員
氏名
吉川 尚美 研究業績
フリガナ
ヨシカワ ナオミ
職位
講師
専門領域
成人看護学
研究テーマ
看護師の臨床判断に関すること
ひとこと
みなさんと一緒に学んでいきたいと思います。

助教

氏名
北井 真紀子 研究業績
フリガナ
キタイ マキコ
職位
助教
専門領域
在宅看護学
研究テーマ
訪問看護師の看護観と継続教育について
ひとこと
看護を通して人の温かさ、尊さ、優しさ、逞しさを感じ、心豊かに学んでいきたいと思います。
所属学会
日本看護科学学会 日本在宅ケア学会
氏名
寺尾 亮平  研究業績
フリガナ
テラオ リョウヘイ
職位
助教
研究テーマ
ヘルスプロモーション
ヘルスプロモーティングスクール
思春期における現代的健康課題
ひとこと
本大学卒業後、再び教員として参りました。後輩の皆さんと共に勉強できることを楽しみにしています。学びを深めていきましょう。
所属学会
日本学校保健学会
氏名
野内 香純 研究業績
フリガナ
ノウチ カスミ
職位
助教
専門領域
母性看護学
研究テーマ
不妊治療后に妊娠・出産した夫婦への援助
ひとこと
みなさんとともに学び成長していきたいと考えています。
学会活動・社会活動
日本母性衛生学会、日本生殖看護学会
氏名
野田 朋美 研究業績
フリガナ
ノダ トモミ
職位
助教
専門領域
母性看護学
研究テーマ
親性の発達について
ひとこと
学生のみなさんと学びを共有し、共に成長していきたいです。
氏名
古田 知香 研究業績
フリガナ
フルタ チカ
職位
助教
専門領域
老年看護学
研究テーマ
認知症高齢者とケアスタッフについて
ひとこと
みなさんと共に学び、看護学を深めていきたいと思います。
所属学会
日本認知症ケア学会

助手

氏名
岡村 勇飛  研究業績
フリガナ
オカムラ ユウヒ
職位
助手
ひとこと
臨床での経験を活かし学生と関わり、自己の成長にもつなげていきたいと考えています。
氏名
小林 左耶花  研究業績
フリガナ
コバヤシ サヤカ
職位
助手
研究テーマ
その地域の特異的な疾患に対し日常生活で有効なアプローチ法について
ひとこと
学生の皆さんと学び、日々成長していきたいと思います。
所属学会
日本公衆衛生看護学会
氏名
杉本 七海  研究業績
フリガナ
スギモト ナナミ
職位
助手
研究テーマ
スポーツ教育、エデュケーションスポーツ、傷害予防、長期一貫型育成
ひとこと
現役のラグビープレイヤーです。スポーツから得たことと学びの融合で、これから無限に成長する可能性を持つ皆さんの学びと挑戦を支えられたらと思います。共に人々の健康と健幸に寄り添える人への道を進みましょう。
著書
・Long Term Player Development throughout Education Sport 長期一貫 エデュケーションスポーツモデルの開発 -女子ラグビーのLTPDES(関西大学大学院人間健康研究科博士前期課程 修士論文)
所属学会
EUROPEAN COLLEGE of SPORT SCIENSE
学会活動・社会活動
・EUROPEAN COLLEGE of SPORT SCIENSE にて研究発表
・MIE WOMEN’S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS トップメンバーとして青少年の健全育成とラグビーの普及活動
氏名
馬場 佳理  研究業績
フリガナ
ババ カリ
職位
助手
研究テーマ
NICUに入院する児と家族の環境、Family-Centered Careについて
ひとこと
相手の立場や気持ちに寄り添った看護を大切にしたいと考えています。皆さんと一緒に学んでいくことを楽しみにしています。
氏名
森 智子  研究業績
フリガナ
モリ トモコ
職位
助手
研究テーマ
患者の尊厳
ひとこと
看護は奥深い学問です。学生さんと共に学びを深めていきたいと思います。
所属学会
日本看護研究学会

▲Page Up